FC2ブログ

マレーア・レナータSYSTEMに進化!(ミコノスは廃盤)

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ☆マレーアTAKUMIサロンの美しい施術!
月別アーカイブ  [ 2010年01月 ] 

≪ 前月 |  2010年01月  | 翌月 ≫

「視点」の向け方

がすごいですね!

 ‥と、一気に取り組む美容師さんがいます。
 一方で、なにかと悪い点を探し出し、結論を先送り。
 なかなか何も始められないひともいます‥

 そう。私らから見て、同じ結果であっても、それを「捉える」美容師さんの見方は千差万別です。

 「すぐに動く」ひとの特長は、100%常に「良い点」にフォーカスしている・・「様子見」で進まないひとの特長は、いつも「何か悪い点はないかな?」と、無意識に探しています。

 しかも、「悪い点」といっても、それは本当は悪い点ではない場合がほとんど。

 例えば私が提案している『ミコノス』は、今迄の概念を変えるものなのだから、まず「操作」からして今迄の薬液とはちがう。なので、最初は思ったような結果が出なくても、それは、ある意味では「当たり前」と捉えるべきなのです(とはいえ、臨店講習をすれば、結果を「悪い」と捉えるひとはほとんどいませんが‥)。

 我々は、本気で美容界に『革命』を起こすつもりですから。

 この業界にはびこっている「怪しげな水」などともしも一緒だったら、ラクにすることを考えるのでしょうが、そうではないのです。私たちは、「髪の本質」に沿った操作を、思考を「概念」から180度変えることを、求めているのです。

 例えば、まず、私が最も訴えたいことは何か?

 こういう不景気下で、我々が求められているのは、リーダーシップです。お客さまをリードしていけない美容室は、衰退するしかないのです。なので、ほとんどの美容師さんは、お客さまをリードするリーダーシップがないから、たぶん、90%の美容室は、衰退していきます‥(一気に店をたたむことにはならないかもしれませんが)

 なぜなら、いま、美容業界は、美容の世界だけを相手にしていればいい・・ライバルの美容室に勝てればいい・・そんな甘っちょろい時代じゃなくなっているからです。

 美容に使うお金をセーブして、その分、旅行に行く。その分、洋服を買う。その分、どこかに遊びに行く。その分、おいしいものを食べに行く・・そんな時代なのです。

 つまり、我々のライバルは、ディズニーランドかもしれないし、ブティックかもしれないし、旅行業者かも、レストランかも、マクドナルドかも、家財道具や宝石、食材、どこか行くためにクルマで行くならば、ガソリンスタンドかもしれないのです・・

 こんな時代です。

 正直言って、今迄「淘汰」の波が及ばなかったのが「美容室」にとって幸いだっただけなのです。

 もっの凄い閑散とした商店街のなかで、美容室だけはたくましく営業を続けている・・という光景を、私は、かつて飛び込み営業を繰り返していたときに、何回も、少なくとも東京と神奈川では何カ所も目にしています(他県は飛び込みはしてないのでわかりませんが)。

 さて。これは、他の商店に比べて、美容室が能力が高いから営業を続けられたのでしょうか??

 といえば、当然ちがいます。

 美容室の経営は、材料コストが極めて低く、売るときは「現金」で、仕入れは「掛け」でも可能。にも関わらず支払いを待ってくれるディーラーもいる。「仕入れ単位」すらなくほとんどのものが1個から仕入れられて、在庫負担がほぼゼロ。なのでお金が回る。かつては価格破壊に向かう勢力もなかった・・

 ものすごい恵まれているのです。

 一方で、「動かないとお金にならない」面もあるから、もの凄い高収益事業にまで発展させのは難しいというマイナス面もあります。でも、そのマイナス面が効率を重視するマーケティングやセールスに長けた人間への「参入障壁」としてプラスに働いていた・・こうした背景があったのです。

 さらに、ある種美容のライバルだった「理容業界」が衰退。その分の男性客が、美容室に流れてきたおかげで、業界全体のパイとしては、あまり縮小せずに、何とか「もってきた」わけです。

 でもいま、それが限界に来ました

 これだけ全体のパイが増えないなか美容室の総数は、毎年千~二千店ぐらいの勢いで増え続けています
 しかも、大規模店舗と安売り店が増えている・・

 にも関わらず、美容界全体の売上は、ほぼ横ばい状態です。

 しかもこれはまだ昨年(2009年)のデータが出てない時点でのもの。昨年は、一昨年に比べ相当消費が冷え込んでますから、全体の売上は維持されてるか?微妙なところでしょう・・

 となると、もうヤバいんです。

 景気が戻るまでの辛抱だね・・なんて安閑としてる美容師さんがいますが、もし景気が戻ったら、今、努力している店にもっともっとひとが集まるだけ

 いま、安閑としてる美容室は、せいぜいそのおこぼれを貰う程度でしょう‥

 となれば、やるのは「いま」しかないのです!


 いつまでも、「アラ」を探すのは止めましょう。

 たとえば、私の扱う「ミコノス」でも、「利点」にフォーカスするひとは、その利点で走る!
 すると、すぐにマイナス面も簡単に解消する。実は、ほんのちょっとの操作の工夫で、欠点と思っていたミコノスのマイナス面は、実は欠点ではなく、ほんのちょっと工夫すれば問題なくできてしまう・・そのことがわかるのです。

 これは「何か」と特定できるわけではないのですが、その美容室の求めていたモノ、してきたコトによって、どうしても人間は、それとの比較で見てしまうから、どこかが「欠点」と見えてしまうのです。

 たとえば、同じカールの施術連続写真を見せても、それを見て「このロッドでこんなにしっかりカールでるの!」と驚く店もあれば、「これしか出ないのは欠点だね‥」と指摘する店もあるのです。
 だから、『ミコノス』が抱える本質的な欠点というわけではありません。


 「ダメなひと」は、たとえば、多くても4、5人分にしかならい量の薬液を取って使って、それで「ダメ」とか言う・・わかったつもりになる・・
 でも、できるひとは、4~50人分使ったって「まだまだ初心者だから」と言う。で、すごく謙虚に私の話も聞いてくださるし、資料も熱心に目を通していただける。。

 先日、ものすごい突っ走っている美容師さんとメーカーの社長さんらとお話したのですが、例えば我々が、美容師さんらに「講習」を超えたような「集い」をご提案すると、実は、来なくても“走れる”美容師さんは来てくれる・・そして、さらに「走る」ようになる・・

 でも、来ないとヤバいような美容師さんは来ない・・わけです。


 大事なのは、「マインドセット」だけです。

 フォーカスするべきは、常に「前」です。前に進むには、「私はこれとどうつき合えば、私が前進できるのか?」と、何かと出会ったら、常に常に自分に問いかけるようにしてください。

 時代は待ってくれません。

 もう、今迄のような「中途半端な姿勢」を続けていたら、淘汰されるしか道はありません。

 景気は、あなたにも、私にもコントロールできません。コントロールできるのは、あなたも、私も、自分だけ
 なのでもしも、昨年末、業績を落としていたなら、それは100%あなたのせいなのです。
 こんななかでも、先日お会いした美容師さんはじめ、何人かの美容師さんは業績をアップしているのです。

 彼らと話してみると気付くのは、彼らに元々特別なチカラがあったわけではないという事実です。

 ただ、もしも今あなたが低迷してたとしたら、あなたより、少しだけかつて「自分をうごかした」ことがあった・・
 だから、今、あなたが想像できないぐらい迅速に、大きな「うごきをできる」だけなのです。

 全ては「うごく」ことからしか始まりません!

 まずは、自分をうごかしましょう!

マレーア・レナータSYSTEM☆HOME
☆厳選☆マレーア取り扱い美容室

マレーアサロンへ来店されたお客さまの声
マレーアサロンへリピーター他美しい施術例!
ご新規様ご来店記事一覧


最新!お客さまに喜ばれながら美容室を繁栄させるには・・
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 マレーア・レナータシステム  
ラポール
 代表: 

荒井克博  

信頼を寄せられ、リピート続出!髪をツヤツヤにできる美容室に...
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@marea.cc

ホームケア製品一覧

[ 2010/01/20 20:48 ] 美容室の効果的な集客方法 | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: