FC2ブログ

マレーア・レナータSYSTEMに進化!(ミコノスは廃盤)

髪が傷まない縮毛矯正とパーマ☆マレーアTAKUMIサロンの美しい施術!
月別アーカイブ  [ 2010年06月 ] 

≪ 前月 |  2010年06月  | 翌月 ≫

「恐怖」の真実‥

「ギャップ」を意識せよ!の続き。

 ャップというものを意識しておかないと、恐ろしいことを招きます。

 なぜか?

 私は、いつもある種の「違和感」を感じて来ました‥

 それは、パッションについて話したときです。パッションがないと、大変なことになるよ。パッションがないから、何事も進まないんだよ。何をしても、お客さまを開拓できないんだよ・・ということをいくら、それこそパッションを込めて言っても、必死に訴えても、“彼”はしらんぷり

 “彼”は、どこ吹く風

 “彼”は、「それは自分には当てはまらない」と思っています


 これ。私には、伝える能力がないのか??
 それこそ、伝えるためのパッションがないのか??

 随分悩んだものです‥俺のパワーがないから、「パッションがない」から仕事ができない‥ってことを、“彼”は理解してくれないのか?と考え込んでしまったこともあります‥

 ‥でもこれ、私の勘違い。私の認識ちがいだということに、気がつきました‥

 そうです。私の勘違いは、「“彼”にはパッションが無い」と思っていたことだったのです。

 “彼”には、実は、パッションがあるのです!
 また、他の彼らにも、パッションがあるのです!
 皆、誰でもパッションがあるのです!


 自分で経営してようが、してなかろうが、「何か」に取り組んでいる以上、その分野に対して、パッションを持っているのです!もしもそれが無かったとしたら、まず、その「何か」をしているわけがありせん‥

 
 さあ、でも、この私の勘違いのなかに、大きな、恐ろしい問題が潜んでいます

 気がつきましたか??

 
 恐ろしい問題とは、私が、“彼”にはパッションが無いと思っていた‥これは勘違いだったわけですが、でも、「彼にはパッションが無いと見えていた」私の観察眼は、他のひとたちとズレているわけではないという事実の中に潜んでいます‥

 つまり、誰から見ても、“彼”にはパッションがあるようには見えないわけです。

 ここに、自分の感覚と、他人の目のギャップがある‥

 そして、この事実を、“彼”は認識できていないという現実こそ、もの凄く恐ろしい問題なのです!


 パッション。言い換えれば、「やる気」という言葉でもいいかもしれない‥
 この「やる気」は、他人から「ある」と思ってもらわない限り、それは「全く無い」のと同じなのです!
 つまり、現実にやる気があるか?無いか?が問題なのではないのです!

 大切なのは「やる気がある」と、周りのひとに思ってもらえるかどうか?なのです!


 ‥で。そこにギャップがあるのです。覚えていて欲しいのは、前の記事(「ギャップ」を意識せよ!)でも触れたように、ひとは、他のひとを見たときに、必ず、ネガティブな方向に見てしまうという事実です。

 そう。あなたがもしもやる気がある人間、パッションがある人間だったとしても・・いや恐らく、あなたは相当なやる気:パッションに満ち満ちていることでしょう。。


 でも、そのパッションは他人にはなっかなか伝わらないのです!

 そう。普通にパッションがあるぐらいでは、相手は、やる気の無い人間としか見てくれないのです。


 まして、初対面だとしたら‥まだあなたのことを全く知らないひとに、何かを伝えようとしたら‥あなたが、自分を燃やして燃やして、頑張って頑張って、必死に勉強して、毎日毎日繰り返して・・で、ようやく、ほんの少し、ほんのすこ~しずつ、あなたにはパッションがあると、ようやく認識し出してくれるのです‥

 お客さまとはそういうもの。

 あなたがスポーツ好きだったらわかると思いますが、よくプロスポーツの放送中に解説者が、惨敗しているチームの選手を評して、

 ☆もうちょっと気迫をもってやらないと‥
 ☆ちょっと淡白すぎますね‥
 ☆まずは気持ちから変えていかないと‥


 よく言われるセリフです。

 でも、彼らがパッションが無いわけがない。やる気がないわけがない‥なんとかして勝とう。野球であれば、今日こそヒットを打ちたい、サッカーであれば、今日こそゴールを決める‥そう思って、準備もして、一生懸命考えて練習して、でも、「結果」が出ないだけなのです‥

 相手はプロの選手たちです。それで生きているのだから当然です‥
 
 でも、その結果を評して、かつて野球やサッカーの選手をしてて、この事実を十二分にわかっているはずのひとでも、「気迫が無い」と思ってしまう。そして評価してしまうのです‥


 この事実を知らないと怖いですよ。

 あなたは、あなたにはパッションがあるのだから、気持ちがこもってない、やる気が無い・・とあなたのことを思ってるひとがいても、「なんてバカな奴」。とか、「あいつらには伝わらない」。とか、「わからない奴になんて思われたっていいよ」と思っているかもしれません‥

 でも、気付いてください!
 問題は、あなたにパッションがあるか無いか?ではないという事実を!

 問題は、皆が何と思うか?その一点だけなのです。

 あなたの「事実」は全く関係無いのです。
 あなたのなかに、パッションがあるのならば、それを相手にもわからせなければいけないのです。


 「クール」とはちがいますよ。全くちがう。

 「クール」なのと、「パッションがなく見える」のは、全く違う概念です。
 かつて、イチローや中田英寿さんを、クールに見てたひとが多かったけど、彼らをやる気の無い選手とは相当の偏屈者以外思わなかったはずです。
 もちろん、だからといって、やたらに声を張り上げればいいわけではない。

 つまり、どうしても「心」なのです。小さなパッションでは、無いも同じなのです。


 多くのひとがカンタンに出来ないことを、確信して、継続して、100%コミットメントして、それで実際にやることを決意しないと、相手にも伝わるレベルのパッションは、勝手に出て来ることは無いのです。

 どこかに逃げ道を作っていては、ゼッタイに、他人からも認識されるレベルのパッションは出て来ません。
 そんなレベルのパッションでは、全く無いも同然。そんなレベルの人間から発する言葉も、文章も、写真も、仕事も、相手には全く伝わらないのです!


 そこを認識してください!まずは、怖い事実を認めること。


 あなたのなかに、パッションがあろうがなかろうが、相手には何も伝わってないとしたら、それは相手のせいではなく、全てあなた自身のせい。「変える」ことをしないと、何も変わらない‥どころか、もっと酷いことになってしまいます‥
 
 かつて書きましたが、人間は、進化か退化。現状維持は無いのです。

 お客さま本位とは何か?でも今回と同じようなことを書いてまずが、それだけここが重要だから。言い換えれば、私自身が、これ以外に重要なことはあまりないと思っているからです。


 だから、ほんとうは集客の「方法」は無いわけです。

 ここがわからないことには、あなたは退化する一方です。
 もうそろそろ、ゲームは終わりにしましょう!真摯なパッションを育てていかないと、人生は終わってしまいます

 この恐怖を、感じ取ってください‥


マレーア・レナータSYSTEM☆HOME
☆厳選☆マレーア取り扱い美容室

マレーアサロンへ来店されたお客さまの声
マレーアサロンへリピーター他美しい施術例!
ご新規様ご来店記事一覧


最新!お客さまに喜ばれながら美容室を繁栄させるには・・
急ぎ下記へTELまたはフォームよりメール送信をしてください!

 マレーア・レナータシステム  
ラポール
 代表: 

荒井克博  

信頼を寄せられ、リピート続出!髪をツヤツヤにできる美容室に...
美容室専用お問い合わせフォームはここをクリック!

TEL:046-826-1364[24時間受付]*不在時は留守電対応
(お電話番号、貴店名、ご担当者名をお吹き込みください。翌営業日迄にご連絡いたします)
メールでのお問い合わせは今すぐ以下のアドレスへ!
rapp@marea.cc

ホームケア製品一覧

[ 2010/06/14 10:32 ] 美容室の効果的な集客方法 | TB(-) | CM(-)
カテゴリー
サイトマップ
あなたもこうなる!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: